障害認定基準 鼻腔機能の障害

TOPページ > 認定基準 > 鼻腔機能の障害

第3節/鼻腔機能の障害

  鼻腔機能の障害による障害の程度は、次により認定する。

1 認定基準

  鼻腔機能の障害については、次のとおりである。
令別表 障害の程度 障害の状態
厚年令別表第2 障害手当金 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

2 認定要領

(1) 「鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻軟骨部の全部又は大部分を欠損し、かつ、鼻呼吸障害のあるものをいう。
(2) 嗅覚脱失は、認定の対象とならない。


障害年金請求の実績豊富な社会保険労務士が対応します。無料メール相談

Copyright © 2013 社会保険労務士事務所SRI All Rights Reserved.